おいしいバルサミコ酢!海外産・国産でおすすめは?

バルサミコ酢とは果実酢の一種で原料はブドウの濃縮果汁になります。また製法で長期に渡る樽熟成が特徴で、元々はイタリア発祥のお酢です。とろりとした暗褐色で他のお酢にはない独特の香り、コクまろやかな酸味と甘みがあり、イタリア料理の隠し味にも活用されます。今回は一度は使って頂きたい、海外産と国産でおすすめのバルサミコ酢を紹介したいと思います。

通販で買える、おすすめバルサミコ酢~海外産偏~

バルサミコ酢の本場はイタリアですが、最近では通販で気軽に取り寄せることが出来ます。本来は高額なバルサミコ酢ですが、最近ではリーズナブルな価格で買える商品も増えてきました。海外産でおすすめのバルサミコ酢をいくつかご紹介します。

有機JAS認証 ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ

ゴールドの色と、白葡萄の優雅な香りが特徴的なバルサミコ酢です。様々な賞を受賞している本格的なバルサミコ酢です。とにかく美味しいと口コミで話題になっており、白葡萄の果汁をそのまま味わっているような甘みと優しい味わいでサラダやマリネに非常に良く合います。250mlの容量で少し価格はお高めですが、本物のバルサミコ酢をお探しの方にもおすすめできます。

ALCE NERO(アルチェネロ)有機バルサミコ・ビネガー

本場イタリアの味なら、ALCE NERO(アルチェネロ)有機バルサミコ・ビネガーがおすすめです。イタリアNo.1のオーガニックブランドであるアルチェネロのバルサミコ酢は酸化防止剤を一切使用していないのが特徴です。ドレッシング、肉や魚料理、デザートのソースとしてもおすすめ。サラダにかけると自宅で簡単、レストランの味に。本場に近い味をお求めの方におすすめです。内容量は250mlと少な目ですので、ちょっとした料理に。

Aグロソリ アチェート・バルサミコ

アチェート・バルサミコは世界中の酢のなかで最も気品があると形容されています。程よい酸味と香りに深みがあり、料理にも大活躍です。北イタリアのモデナが産の正統派のバルサミコ酢をお探しの方におすすめです。内容量も1リットルと十分ですので、沢山使われる方には非常にコスパがいい商品です。

biologicoilsモデナ産有機バルサミコ酢

自然の恵みを生かしたオーガニックなバルサミコ酢で、有機JAS認証を取得しています。またIGP(地理的表示保護認定商品)であり、原産地が認定されたバルサミコ酢でもあります。イタリアフィレンチェの工場で醸造した新鮮なバルサミコ酢をその場で充填し、開封するまでは品質劣化の心配がなく、現地の味を本格的に楽しみたい方におすすめです。

通販で買える、おすすめバルサミコ酢~国産偏~

バルサミコ酢は国内のメーカーも生産しています。海外産と比べて日本人好みの香りと味に作られているのが特徴です。

味の素 信州アルプス工場木樽熟成バルサミコ酢

日本の工場で生産された、さっぱりした甘さで日本人好みの香りと味に仕上げています。ぶどう本来の香りが豊かで、まろやかな味わいなので、様々な料理に活躍します。国産のバルサミコ酢をお探しの方におすすめの商品です。

内堀醸造 バルサミコ酢

長野県飯島町の良質な水と空気の中で作られた日本産のバルサミコ酢。内容量は少ないですが、価格もお手頃なのでまずはお試しに。

バルサミコ酢が無い時の代用法


バルサミコ酢を切らしてしまった時の代用法として、ちょっとした裏技を紹介します。
お好み焼きソースやとんかつソースに、酢(できれば黒酢または赤ワインビネガー)を1対1で混ぜると、全く別の素材ではありますが似た味わいになります。(クックパッド:https://cookpad.com/cooking_basics/13068 より引用)
料理研究科監修の方法で、市販のソースにお酢を混ぜるだけでバルサミコ酢に近くなるのは驚きですね。料理の途中で切らしてしまった時など、是非試してみてください。

まとめ

元々は高級品であるバルサミコ酢ですが、お求め安い価格のものも販売されるようになりました。より本格的なバルサミコ酢をお求めの場合は海外産がおすすめです。バルサミコ酢はブドウを原材料にしているので、他のお酢と比べてもポリフェノールの含有量が豊富で美容と健康に効果的です。普段の料理にもちょっと足すだけで美味しくなり、大活躍しますので是非一度お試し下さい。

関連記事

  1. 酢ドリンク(飲む酢)のおすすめを紹介!人気なのは?

  2. 知られざるリンゴ酢の効果!血圧や血糖値が気になる方に

  3. ピュアのおいしい酢の口コミ ~定番のレシピと飲み方~



スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。